平成28年3月16日(水曜日)晴


 

こんにちは、群馬県高崎市菅谷町にあります㈱天翔堂(墓石専門店)店長の岡崎です。

お墓を建てる時に必ずお客様に決めてもらう事があります。

それは、どんな文字を彫るかという事です。

ほとんどのお客様が、ご自分の名字を使い、○○家や○○家之墓などにお決めしますが。

最近では、絆、和、心、やすらぎ、海、ありがとう などの文字をお彫する方もたくさんいらっしゃいます。

4890

こちら家紋です。原寸大です。直径で15センチほどでしょうか。

4892

こちら過去碑(墓誌)です。過去碑という表題を上にしたパターンです。

この場合は、没年月日が2行になります。

4891

こちらは、表題(過去碑)を立てに使うので、没年月日は1行ですみます。

どちらがいいのでしょうか、表題を立てに使う場合は戒名1つくらいのスペースを使うので、これから何人もお墓に入るという方で、石の大きさに余裕がない方は、表題は上にした方が自分はいいのかと思います。

皆様もいざとなると、わからないと思いますが参考にしてください。


 

八幡霊園をご覧になりたい方は こちらです。

嶺霊園をご覧になりたい方は こちらです。

追加戒名彫り、修理やリフォーム をご覧になりたい方は こちらです 。