2016年11月30日

こんにちは。

群馬県一円で、お墓の仕事をさせていただいています、高崎市の石材店 天翔堂の岡﨑です。

今日は、前橋市駒形町にて、お墓の改修工事です。

dsc05322

まず、土台の石がズレているので、据え付け直します。

その際に、今後石がズレないように、基礎部分にアンカーボルトを取り付け、突起部分を取り付けます。

dsc05323

それから、石には穴を空けて、この穴と基礎に取り付けたボルトが入るように取り付けます。

dsc05325

こちらが、再取り付けした写真です。

dsc05326

この基礎と石をボルトで取り付けしつつ、さらに接着剤を使います。

接着剤+ボルト金具で石がズレる事がほとんどなくなります。

dsc05329

この作業を繰り返します。

部材は全部で、10数個あり、その全てに穴を空けると、40数か所の穴空け作業をしたことになります。

職人の岡田君、お疲れ様です。

dsc05330

穴を空ける印も、計算するのでとても時間がかかりました。

ただ、お施主様のご希望で、今後メンテナンスしない、メンテナンスフリーのお墓にしたいとの事でしたので、出来る限りはしたいと思いました。

 

dsc05337

さらに、角には角専用のL字金具を使用。

ステンレスでさびにくい素材です。

dsc05338

見えない部分ですが、一番重要ですね。

何十年か経過すると、その差が出ます。

dsc05340

基礎に取り付けた、ボルトです。↑

dsc05404

石と石のつなぎ目には、平な金具を使います。

金具も種類がいくつかあり、その場その場で使用するものが違います。

一つの現場で使う金具の量は多く、弊社では基礎と石も金具で留めています。

dsc05408

今日はここまでです。

寒くなってきましたが、皆さま身体に気を付けてください。


 

 

今日はブログを見てくださりありがとうございます。

少しでもお役にたてれば幸いです。ご質問等ございましたら、お電話やメールで受け付けております。

フリーダイヤルは 0120-027-375

メールは info@tensyodou.com      お間違いのないよう、よろしくお願いいたします。


 

 

八幡霊園をご覧になりたい方は こちらです。

嶺霊園をご覧になりたい方は こちらです。

よしおか墓苑 をご覧になりたい方は こちら です。

追加戒名彫り、修理やリフォーム をご覧になりたい方は こちらです 。

施工例 をご覧になりたい方は こちらです 。

永代供養墓 をご覧になりたい方は こちらです 。

ペットのお墓は こちらです 。

お墓じまい をご覧になりたい方は こちらです。

石宮(氏神)をご覧になりたい方は こちらです。