2017年 9月 16日 土曜日


 

皆様こんにちは!

私、群馬県や近県でお仕事をさせていただいております、天翔堂の岡﨑と申します。

宜しくお願い致します。

今日は、高崎市八幡霊園の9種にて、お墓の基礎工事です。

DSCN6492

先日、型枠、鉄筋を取り付けました。

今日は、生コンクリートを一輪車で入れていきます。

DSCN6494

生コンクリートは、一輪車で運びます。

周りが汚れないようにブルーシートを敷きました。

DSCN6496

少しづつ慎重に運びます。

一人が約13~15回くらいでしょうか。

DSCN6497

ある程度、入れたらならしていきます。

型枠には、水平の基準の印がつけてありますので、そこに合わせて平にしていきます。

真ん中に見える、ステンレスの道具は型枠の表面の気泡を出すものです。

とても、綺麗な仕上がりになります。

DSCN6498

平になでたら、今度は仕上げをしていきます。

DSCN6503

表面の砕石や砂を、道具を使い沈めます。

そうする事で、表面を平にしやすくなります。

ここまで、平にきれいにする必要はないのですが、石工事がしやすいのでなるべく平にしています。

DSC06337

生コンクリートが乾いて、型枠を取り外しました。

綺麗な仕上がりになりました。

次回は、石工事です、綺麗な基礎に据え付けるのは気持ち良いです。


 

今日はブログを見てくださり本当に、ありがとうございます。

少しでもお役にたてれば幸いです。ご質問等ございましたら、お電話やメールで受け付けております。

フリーダイヤルは 0120-027-375

メールは info@tensyodou.com      お間違いのないよう、よろしくお願いいたします。


 

施工例 をご覧になりたい方は こちらです 。