こんにちは。

㈱天翔堂の岡﨑です。

今日は、北群馬郡吉岡町漆原の〈よしおか墓苑〉にて、和洋型のお墓が完成しましたのでご紹介いたします。

まずは、完成画像です。

 

【きっかけ】

お客様は、まだご存命ですがご自分のお墓を用意しておきたいと思っていたそうです。

たまたま、インターネットで〈よしおか墓苑〉を見てくださりご連絡いただきました。

 

【ご契約】

墓地のご案内をしたところ、見晴らしが良いと気に入ってくださいました。

また、管理費がない(今現在は)、自宅から比較的近いなども決めてだったようです。

 

【基礎工事】

基礎は鉄筋コンクリート製です。

基本的な流れは、

根掘り

砕石搬入

機械で転圧

型枠製作

型枠取り付け

鉄筋取り付け

生コンクリート打設

仕上げ

になります。

 

【石工事】

石工事に入る前に、石の加工があります。

それは、中国や日本国内などの加工工場で製作しています。

まずは、出来上がった基礎に印をつけます。

その印をもとに、石を据え付けていきます。

特に気を付けるのが、石を水平に据え付ける事。

また、石と石の接着面に接着剤を多めに使う事です。

また、納骨室には太めの部材を使う事も重要です。

↑上の写真で吊り込んでいるのは、納骨室の部材です。

見えなくなる部分ですが、一番重要な部分です。

ステンレス耐震金具を取り付けていきます。

基礎に空いている穴は、水抜き穴です。

基礎と石の部材にも、ステンレス耐震金具を取り付けていきます。

今回使用した金具は、14個でした。

次は、砕石で埋め土です。

埋め土をした後は、貼り石をしていきます。

貼り石の後は、コーキング目地をしていきます。

次は、芝台の据え付けです。

納骨室は、2段になっています。

その2段目は、全面に石棚がついており〈お骨が通常より多く〉納める事ができます。

しかも、取り外し可能ですから1段目に納める時も、簡単です。

今回は、手前を広くするデザインにしてあります。

芝台(お石塔がのる一番下の台)の据え付け後には、上台の据え付けです。

上台には、耐震加工がされています。

上台にも、接着剤を塗って、四角の石を耐震用として据え付けました。

お石塔の下場にも、四角い穴が空いていてそこに慎重にはめ込んでいきます。

お石塔の石は、松青石と言います。

中国産のグレー系の御影石になります。