こんにちは。

㈱天翔堂の岡崎です。

群馬県一円でお墓の仕事をさせてもらっております。

今回は、北群馬郡吉岡町大字漆原のよしおか墓苑にて、およそ1m×1mの大きさの和洋型墓石が完成しましたのでご紹介いたします。

皆さんの一番の心配は、小さい区画でもちゃんとお骨は入るのか?という事でしたが、お骨の数は10ケ前後納骨できますので心配なさらないでください。

それでは、完成写真からご覧ください。

一坪(1.8m×1.8m)のお墓に比べると、コンパクトではありますが、機能的には何の問題もございません。

お掃除などは、コンパクトである分しやすいのではないかと思います。

また、万が一【お墓じまい】をする事になっても費用がお安くすみます。

 

さて、工事を順番に見ていきましょう。

まずは基礎工事です。

穴を掘りましたら、砕石を搬入して機械で転圧します。

型枠を自社で製作して、現場で取り付けました。

鉄筋も太さ10mmのものを取り付けました。

補強もして、準備完了です。

生コンクリートを入れました。

平にしましたら、面取りをして完成です。

真ん中の四角い穴は、お骨が入る部分です。

いずれお骨を土に還る時、その部分に撒きます。

生コンクリートが乾いて、型枠を取り外しました。

きれいですね、これから石材の取り付けが始まります。

お墓の左から撮影しました。

モルタルを敷いて、石と石の接着面には石材用接着剤を付けておきます。

水平を見て、平に取り付けができているか確認します。

土台が完成しました。

真ん中の取っ手は、取り外しできる石のフタになっています。

普段はそこにお骨が置かれるのですが、下の段へ納骨したりお骨をツボから出して撒く時に取り外しができるようになっています。

お石塔が取り付けられる、一番下の台になります。

専門用語では、芝台(しばだい)といいます。

次に、上台(じょうだい)の取り付けです。

お石塔が直接取り付けられる台ですが、上には四角い穴が空いています。

その四角い穴には、四角い石がはめ込まれます。

そこへ、お石塔が取り付けられます。

お石塔にも四角い穴が空いていますので、そこへ差し込むようにしていきます。

二段目の土台石の設置です。

同様に石塔用接着剤を付けて施工していきます。

大きな墓所には、墓誌という石板が取り付けられますが、このようなコンパクトな墓所では納骨室のフタを利用して墓誌の代わりにする事が多いです。

完成しました。

後ろには塔婆立てがあります。

よしおか墓苑では、化粧砂利が敷き詰められています。

完成です。

最近は、継承者問題やデザイン的に〇〇家という文字彫刻が少なくなってきました。

個人や施主様の好きな文字、花柄などを彫刻することで、どなたでも使えるお墓が増えています。

それでは、ご覧いただきありがとうございました。

お問合せは、㈱天翔堂 岡崎まで

 

たくさんの石材店がありますが、私ども天翔堂も創意工夫、こだわりをもって一生懸命お墓を建てさせてもらっています。

少しでも皆様のお役にたてれば幸いです。ご質問等ございましたら、お電話やメールで受け付けております。

フリーダイヤルは 0120-027-375

メールは info@tensyodou.com      お間違いのないよう、よろしくお願いいたします。

 

 

 

よしおか墓苑 をご覧になりたい方は こちら です。

 

八幡霊園をご覧になりたい方は こちらです。

 

嶺霊園をご覧になりたい方は こちらです。