こんにちは!

㈱天翔堂の岡崎です。

群馬県高崎市の墓石専門店です。

今回は、群馬県前橋市亀里町の共同墓地にて、インド産御影石を使った洋型墓石が完成しましたのでご紹介致します。

まずは、完成写真です。ご覧ください。

インド産 V-1 という石は、真っ黒ではないのですが、黒に近いグレー色の御影石です。

外柵の、白御影石とのコントラストが綺麗です。

よーく見ると、香炉、花立、塔婆立てなども私がデザインしたので、ありそうで無いデザインになっております。

後ろは、シンプルに四角いデザインです。

それでは、お客様との出会い、工事の詳細を順番にご説明いたします。

出会いとしましては、お客様が弊社ホームページを見てくださりご連絡いただいた事がきっかけになります。

その後、弊社の営業である井田が担当として、お話しを聞かせてもらいました。

お見積りで提出した図面が気に入ってくださり、ほとんど図面手直し無しでこちらのデザインになりました。

奥様や娘様が選ぶデザインとしては、洋風墓石が圧倒的に多く全体の7割ほどになるでしょうか。

伝統的な背の高い和型墓石より、背が低い分だけ耐震性があったり見た目の安定性や美しさが選ばれる理由だと思います。

さて、図面が決まり正式にご依頼を受けた後は基礎工事になります。

まずは、基礎部分を掘っていきます。

今回は、通路が狭いので重機を使わずに手掘りです。

二人で、スコップを使い掘っていきます。

次は、砕石を入れていきます。

機械で、転圧して地盤づくりをしていきます。

地盤づくりが完成しましたら、型枠作成です。

前後に、型枠を取り付けます。

左右は、お隣の基礎がありますので薄い板を取り付けます。

鉄筋を2段で取り付けたら、次は生コンクリートの打設作業です。

一輪車で、生コンクリート打設が終わり、その後、綺麗に仕上げて基礎の完成です。