群馬県渋川市北橘町八崎にて、旧墓石撤去の後、新しく洋風墓石を建てました。平な墓地ではなかったので、整地が大変でしたが無事終わりました。

㈱天翔堂の岡崎です。

群馬県高崎市で、お墓の工事を専門でしています。

先日、 群馬県渋川市北橘町八崎にて、旧墓石撤去の後、新しく洋風墓石を建てましたのでご紹介いたします。

それでは、完成写真からどうぞ。

完成後↓

 

完成前↓

それでは、ご説明いたします。

お客様は、インターネットで天翔堂を見つけて、何度か打ち合わせをした後で正式に工事のご依頼をしてくださいました。

ご先祖様から、受け継いだ古いお墓は、一人で一つのお墓だったり、夫婦で一つのお墓だったようで埋まっているのも含めると15基くらいあったでしょうか。

実際は台も埋まっていたので、実際は見えているより多かったと思います。

まずは、この古石塔や台を撤去していきます。

運搬車を使いましたが、手作業で運搬車に古石塔を載せました。

運搬車で道路際まで、運んでからトラックのクレーンでダンプに載せていきます。

職人さんは、二日目は筋肉痛だったようです。

古石塔の撤去が終わると、基礎工事になります。

ご先祖様の、お骨が埋葬されているとの事でしたが広範囲で掘ってみてもなかなか出てきませんでした。

埋葬した場所は、親から子へ伝えたり、もしくは小さい頃に親が埋葬したのを見ていたなどの記憶などがあります。

しかし、実際はその記憶があいまいになってしまっていたり、お骨がすでに土に還ってしまった場合などでお骨が出てこない事があります。

次に、掘った穴に砕石を入れます。

その後、ランマーという機械で転圧して地盤を固めます。

その後、鉄筋を2段で組みました。

次に、生コンクリートを入れていきます。

大きな機械は入らないので、一輪車で運びました。

距離があるので3人かかりです。

型枠がぶつかる部分は、気泡が出て基礎が見える部分がブツブツになりやすいです。

ですので、専用の器具を使ってなるべく気泡を取っていきます。

生コンクリートを水平にして、きれいに仕上げました。

その後、1週間から10日ほど乾かして基礎は完成です。

それでは、石材の取り付け工事に入っていきます。

型枠を取り外してから、セメントと砂と水を練ったもので水平をとりながら取り付けていきます。

石と石が合わさる部分には、必ず石材用接着剤を塗っています。

接着剤は、2種類使っています。

ステンレスのL字金具は、石と石、石と基礎、に取り付けています。

接着剤は太陽に当たらない部分は効果が持続しやすく、日が当たる部分は劣化しやすい特性があります。

お墓の解体をしているとわかるのですが、目地など日が当たる部分は約10年ほどで劣化しているのに、内部の日が当たらない部分は10年たっても接着効果は持続しています。

効果が持続しているので、なかなか解体できないという場面はいくつもありました。

接着剤、金具の次は石をはめ込む設計です。

 

Follow me!