2017年11月7日火曜日

こんにちは。

群馬県一円で、お墓の仕事をさせていただいています、高崎市の石材店 天翔堂の岡﨑です。

先日、高崎市営、八幡霊園、2種、様式の墓地をお持ちのお客様から、お墓のお見積り依頼がありました。

埼玉県のご実家の墓所の解体もお見積りしてほしいとの事でしたので、そちらもご紹介させていただきます。

DSC06436

こちらのお墓は、間口3mの奥行4mです。

とても大きな墓地ですので、石の量も多く墓石価格も通常より高めになると思います。

自由墓地の様式は、碑石の高さ制限が120㎝以内。

土台盛り土の高さ制限が50㎝以内。

側方柵は、64㎝以内。

この数値は、石の既製品が昔から1尺(約30㎝)の高さのものが主流でしたので、それを2段積み重ねる事を想定していると思われます。

ですから、2尺+目地=64㎝以内という計算です。

また、灯篭の高さはそれぞれ碑石の最高限度の高さを超えないものとします。

DSC06435

お見積りをする時は、かならず周辺のお墓を見て歩きます。

こちらの区画は、黒御影石の墓石が多いのが特徴です。

というのは、群馬県のお墓は基本的に黒御影石を使う習慣があり、古い区画ほどその習慣が顕著に出ていると思われます。

DSCN7005

最近の傾向としては女性の意見も反映される事が多くなり、このようなピンクや緑の石を使う機会も増えてきました。

しかし、この2種という区画ではそれほどピンクや赤という石は多くないようです。

このように、時代時代で使われる石の種類が変化しているのですが、最終的にはお客様の好みとなると思います。

お客様の墓地の近くには、それほど奇抜なデザインはなく、黒御影石や白御影石といったオーソドックスな石を使ったお墓が多いようです。

ですから、オーソドックスなものと、少しだけデザイン性を上げてみたものを数種類づつ作図してみようと考えています。

八幡霊園 2種 2017 6-0-0

最近は新しいデザインを考えています。

今回は、こちらのデザインも提案してみようと思います。

作図は全て、私、岡崎がしています。

施工もしやすく、メンテナンスもしやすいデザインです。

価格面でも、お手頃価格でお求めやすくなっております。

八幡霊園 2種 2017 4-5-0

そしてこちら、洋風を意識したデザインです。

階段は正直使いにくいので、フラットにした方が良いでしょう。

デザイン的には、階段があると威厳が出ますのでパッと見の印象は大きいと思います。

お石塔も、飾りが多く重厚感が出ています。

ご参考まで

 

2017年11月13日 月曜日

さて、お客様は新しくお墓を作るだけではなく、埼玉県のお墓の撤去もするので、見積もりをしてくださいとの事でした。

さっそく、高速道路で狭山市のお寺様まで行ってきました。

DSCN7151

埼玉県はあまり詳しくありませんが、こちらのお寺様は以外と緑が多いなぁという印象です。

そして、とても広く威厳がある雰囲気です。

DSCN7157

お寺様の脇道を抜けると墓地が見えてきました。

途中に、文化財保護の看板がありました。

DSCN7158

たくさんの大名笠付きのお墓が並んでいます。

DSCN7176

こちらのお墓には、蓮の彫刻がしてありますが、つぼみだったり、花だったり全部違うんですね。

石工さんの仕事は、ずっと残りますから当時の事を考えながらお墓を見るのも面白いですね。

DSCN7182

話がそれてしまいましたが、お客様のお墓はさきほどの大名墓の脇を通っていきます。

そして、この写真は墓地の脇道からの撮影です。

小高い山の中腹に寺院様があり、裏山斜面に墓地が広がっています。

たまたま、茨城の業者さんがお墓じまいの工事をしており、名刺交換をしました。

少し情報交換をしたら、お客様のお墓のまわりをひたすら歩いて機械の搬入経路を探します。

DSCN7168

お客様の周りの道は、比較的狭く、お墓正面に続く道は機械の搬入ができそうもありません。

DSCN7167

お墓の裏手の道は、途中が狭いのですが何とか搬入できそうです。

道が平ではないので、道板が必要かもしれません。

1時間ほどかけて、念入りに現場調査をしました。

 


 

 

今日はブログを見てくださり本当に、ありがとうございます。

少しでもお役にたてれば幸いです。ご質問等ございましたら、お電話やメールで受け付けております。

フリーダイヤルは 0120-027-375

メールは info@tensyodou.com      お間違いのないよう、よろしくお願いいたします。


 

 

八幡霊園をご覧になりたい方は こちらです。