こんにちは!

群馬県一円でお墓の工事をしております。

㈱天翔堂の岡﨑です。

先日、群馬県高崎市矢中町にて、新しいお墓が完成しました。

朝は肌寒いですが、天候にめぐまれた現場となりました。

お客様は、弊社の目の前を通勤でよく通るそうです。

また、ホームページを見たら何となく良さそうという事で、まずはご来店いただきました。

その後、たくさんのお話を聞かせていただきました。

最近、特に多いのですがお墓の承継者問題です。

お墓は作りたいけど、承継者が私で最後だからそんなにお金をかけてもしょうがない。

そんなご相談が多くなっております。

今回は、継承者問題があったものの少し予算をかけても良いものをという事でしたので、希望のデザインや石種などご納得できるお墓になったのではないかと思います。

墓地には、基礎といくつかの石が置いてありました。

その石を撤去してから、材料を搬入します。

石材用接着剤を塗りながら、据え付けを始めます。

ステンレスの耐震金具も入れていきます。

今回は、補強で内側にコンクリートを打ちました。

納骨室は、一番大切な部分です。

天翔堂の納骨室は、はめ込み式に設計してあります。

文字彫りは、自社でしています。

今回は、新人の矢田君に少し彫ってもらいました。

墓所内は、石張りです。

勾配をつけて、水が流れるように据え付けていきます。

次は、コーキング目地です。

目地は、マスキングテープを貼る作業が一番手間がかかります。

いよいよ、お石塔本体がのっていきます。

慎重に作業を進めます。

天翔堂の耐震施工では、洋型墓石本体とその台の間に耐震棒を入れています。

ただ、弊社では棒ではなく石で施工しています。

次は、過去碑や塔婆立ての取り付けです。

文字は一文字でしたので、迫力が出るように彫りました。

筆で書く時に、力が入る部分は深く彫ります。

通路の敷石はサービスです。

完成しました。

シンプルですが、飽きのこないデザインです。

また、敷石の模様は伝統的な模様で、落ち着きがあります。

洋型は、横に大きいので安定感があります。

花立や、香炉、塔婆立ては主張はしていませんが、他にはないデザインです。

世界に1つしかないお墓となりました。

古い基礎は、新しく見せる為に仕上げのモルタルで綺麗にしました。

こちらも、サービス。

ただ、私は職人さんに指示はしていませんが、お客様が気持ちよく納骨できるようにと考えての事。

自慢になるようですが、うちの職人さんすごくお客様の事を考えています。

これも何かのご縁ですから、一生懸命工事をさせていただきました。

また、お近くの際はお茶でも飲んでいってください。

この度は、大変ありがとうございました。

 

今日はブログを見てくださり本当に、ありがとうございます。

少しでもお役にたてれば幸いです。ご質問等ございましたら、お電話やメールで受け付けております。

フリーダイヤルは 0120-027-375

メールは info@tensyodou.com      お間違いのないよう、よろしくお願いいたします。

 

施工例 をご覧になりたい方は こちらです 。