㈱天翔堂の岡崎です。

群馬県一円で、お墓のお仕事をさせてもらっております。

今日は、群馬県前橋市上小出町の霊園(地域墓地)にて、オシャレで伝統的な和洋型のお墓が完成しましたのでご紹介いたします。

石種は、アーバングレー(インド産)とM1H黒(インド産)を使っています。

それでは、完成写真からどうぞ。

墓地の大きさは2.1m×2.7mほどになります。

それでは、今回の工事依頼ついてご説明していきます。

私は、中小企業の団体に所属していまして、そこの先輩からお見積りのご依頼がありました。

そこで、実際の墓地に作図した図面をはめ込んでご提案しました。

ここから、何度か提案図面のやり直してご契約になりました。

それでは、基礎工事をご説明していきます。

前橋市は利根川がありますが、その利根川は川の形や場所を変えてきたといいます。

ですので、前橋市で川砂利が多い地盤は珍しくはないのですが、ここももれなくそのような地盤だったようです。

布基礎が手前にありますが、その天場から45センチほど掘りました。

その後、地盤を固める機械で地盤作りをしていきます。

その後、砕石を入れて同様に機械で地盤作りをします。

その後、曲尺を見ながら、型枠を取り付けていきます。

鉄筋、型枠、納骨室の型枠、水抜きなど取り付けたら生コンクリートを流し込みます。

これで、基礎は完成です。

次は、石材の取り付け工事です。

水平を見て、接着剤を使いながら石材の取り付けをしていきます。

四隅には、ステンレス製 L型金具を取り付けました。

納骨室と、土台の間の空間には砕石を入れます。

張り石をしたら、お石塔の台を取り付けていきます。

その次の台も、同様に取り付けていきます。

次の土台からは、耐震施工としてピンコロ(四角い石)を取り付けていきます。

その次の、スリンという部材にもピンコロを取り付けます。

石塔を取り付けた後は、塔婆立てや墓誌を取り付けます。

目地、掃除をして完成です。

なるべくお正月をまたぎたくないというご要望で、お墓を建てさせていただきました。

年末には納骨式があり、亡くなったお父様のお骨を納めさせていただきました。

先輩や、ご家族様には差し入れなどいただきまして大変お世話になりました。

ありがとうございました。

また、長いお付き合いになると思います。

これからも、よろしくお願いいたします。

 

ご覧いただきありがとうございました。

お墓を建てる方は、是非参考にしてください。

現地での計測、お見積り、設計、ご提案は全て無料です。

株式会社 天翔堂(てんしょうどう) 店長  輝行

群馬県高崎市菅谷町20-1

ご相談 お問い合わせはお気軽にどうぞ。

フリーダイヤル 0120-027-375

 

施工例 をご覧になりたい方は こちらです 。