皆様こんにちは。

㈱天翔堂の岡﨑です。

群馬県一円で、お墓の仕事をさせてもらっております。

今回は群馬県富岡市妙義町の山間部にて、三脚を使って洋型墓石を建てさせていただきましたのでご紹介いたします。

お施主様は、私の友人の義父母です。

友人から、ご紹介いただき打ち合わせをさせていただき墓石工事のご依頼をいただきました。

それでは、完成写真です。↓

次に、工事のご説明します。

現場に行く途中で撮影した妙義山です。

妙義山に行く手前の、少し小高い場所に現場がありました。

周りは梅林です。

こちらに、瓶に入ったお骨が1つ。

あと、土葬が1つありました。

まずは、植木を別の場所に移します。

この植木は、土葬の上にあったもので故人が好きだったものです。

なるべく丁寧に、掘っていきます。

そのまま掘り進めて、1.8mほど掘ると土葬のお骨が出てきました。

土葬はきれいにお骨だけになっており、そのほとんどが出てきました。

お骨を取り出した後は、砕石を入れました。

砕石を入れてから、機械で転圧しました。

運搬車で慎重に、材料を運びました。

よく転圧してから、コンクリート製納骨を取り付けました。

その後、また砕石を入れました。

次に三脚を設置して、一番下の台を取り付けます。

土台がのる部分には、接着剤を塗っておきます。

三脚での工事は、簡単そうに見えてかなり気をつかう作業でした。

石塔は、ピンコロ(四角い石)で耐震施工です。

お石塔の取り付けは、この耐震施工の為かなり慎重作業させていただきました。

ステンレスの塔婆立ては、古いものから新しくしました。

コンクリート製の縁石を、取り付け直しました。

最後に化粧砂利を撒いて完成です。

完成を報告して、感謝のお言葉をいただき無事引き渡しが終わりました。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ご相談 お問い合わせはお気軽にどうぞ。

 

株式会社 天翔堂(てんしょうどう) 店長 岡﨑 輝行

群馬県高崎市菅谷町20-1

フリーダイヤル 0120-027-375

 

 

 

施工例 をご覧になりたい方は こちらです 。